ぱくとまのブログ

たまにTwitterを閉じて

2018/01/17

ブラウザのTwitterタブを閉じた。

疲れてるな、と思ったから。

疲れている時は、人はストレス耐性が低くなるのだと思う。

無性に誰かに苛立ったり、疎外感を感じたりする。

Twitterを始めるまで、僕はそんな時に何をしていたのだろう。

きっと、本を読んでいたのだと思う。

読書は、作者への対話だという文を読んだことがある。

僕はきっと、Twitterで他人と対話をする前は、本を通して対話をしていたのだと思う。

本の良いところは、たとえ本を読んでどう思ったとしても、作者との関係が悪くなったりはしないところかもしれない。

また買えばいいし。

今は本を読んではいないけど、とりあえずブログを更新することにした。

これは、自分との対話なのかもしれない。

そういえば、いま書いている卒業論文も、自分との対話なのだろう。

一年間研究をしてきた自分と対話をし、成果を残すために文章にする。

それはそれで興味深いものなのかもしれない。

だからといって卒業論文を書く気にはなれないが、それでも期限は迫るのだった。

下書きの提出期限は、明日の夜です。

書こう。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
相互リンク