ぱくとまのブログ

打鍵音が気になる人間、あるいは常に頑張っていないと社会に適合できない人間について

2017/08/11

突然ですが、僕はキーボードの打鍵音が小さい方ではありません。

ハードパンチャーではない部類の人間ではあると思っていますが、時々打鍵音について指摘されることがあります。
そして、そういう時というのは大抵の場合僕もイライラしている時でして、つい力が入ってしまっていることが多いです。

そういう時に打鍵音について指摘されると、確かにそうかもなあと思い、反省します。
そこで逆ギレなどはしないように自分では努力しているつもりです。

しかし、その指摘をされうるということが非常に辛いです。

私は、割と他人に大して迷惑をかけないようにしようと考えながら生きているタイプの人間です。
それはなぜかというと、私の性格上、他人に言動や態度で迷惑をかけてしまうことが多いからです。
常に言動や態度に気を付けて生きることは、僕としては非常に疲れますが、それをやらないと他人に嫌われて、コミュニティからはじき出され、社会不適合者として後ろ指を指されることになるので頑張っています。
誰でも多かれ少なかれそうだと思うのです。

さて、ここで頑張ってギリギリ人並みに生きている人間が、キーボードの打鍵音について指摘されるとします。
すると、私の頑張らないといけない要素が一つ増えるのです。その人、たった一人のせいで。
他の人はほとんど気にしていないこと、普通の人間からギリギリ許容されることをその許容範囲の狭い人間の言葉ひとつで私は頑張らないといけなくなるのです。
それは、正直とても辛いのです。
色々なことを意識して毎日過ごしている中に、キーボードの打鍵音を静かにしないといけないという意識が増えるのです。
しかも常駐タスクで。
もう僕の常駐タスクには、「独り言を喋らない」とか「口笛を吹かない」とか「足を動かして壁を蹴ったりしない」とか色々走っているのです。
頼むから増やさないでほしいのです。もういっぱいいっぱいなのです。

貴方の基準で見ないで欲しいのです。一般人としての挙動を完璧に出来た上で、さらにそれから余裕のある人間の基準で、私の頑張らないといけないことを増やさないでほしいのです。
私はもう限界ギリギリなのです。ギリギリの健常者なのです。

他人に多くを求めないで欲しいのです。もちろんこれは願いであり、貴方に要求しているわけではありません。しかし、切実な願いなのです。

私が頑張らないといけないことを貴方の一存で増やさないでくれませんか。
貴方のほうが(他人を攻撃できるくらいですから)きっと余裕があるのですから、貴方のほうで自衛していただけませんか。
打鍵音がうるさい人間が仕事が出来ないだの育ちが悪いだの仕事をしているふりをしているだけだの言うのは勝手ですが、私に頑張ることを求めないでいただけませんか。

まあ、結局頑張ることを求める人がいるところからは去るしか無いので、理解を求めているわけではありません。

社会に適合できない人間は、社会に適合できる人間の言葉には逆らえないし、出来ないことをやれと言われたら大人しく嫌われたまま姿を消すしかないのです。無理ですから。

努力をしろなんて言わないでください。もう努力しっぱなしなのです。

自分が頑張ることを拒否しながら、他人に頑張ってくれとお願いしてしまうような文章になってしまいました。
読み返してみると、随分と自分に都合のいい意見でした。ごめんなさい。

しかし、打鍵音のような問題は、先に言いだした人間が常に正しいのが世の常ですので、負け犬の遠吠えとして許して(あるいは無視して)いただけると助かります。

よろしくお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
相互リンク